まずモナコグランプリとはどういうものか

欧州の小さな国であるモナコ公国の主要都市モナコでは、毎年5月に世界的イベントのf1グランプリが開催され、多くのセレブレティをはじめ約20万人の人が訪れています。モナコで開催されるf1グランプリレースは、モータースポーツの有名な大会であるル・マン24時間レースやインディ500と並び称され、世界のモータースポーツ3大レースと呼ばれています。レースはモンテカルロの市街地コースで行われており、f1グランプリでは唯一モナコだけです。モナコレースの歴史は、第1回レースが1929年に開催、戦争のため一時的中断があったものの同じコースでレースが行われているのはモナコだけです。コースの特徴は、モンテカルロの公道をクローズしてコース設営され、コース全長が3340m、周回数は78周のコース幅の狭さがポイントのコースです。

モナコf1グランプリコースの特徴がレース順位に大きく関係

f1グランプリが開催されるモナコのモンテカルロ市街地レースはコースが、レースの順位に大きく関係しているのです。このレースコースの最大の特徴はコース幅が大変狭いため、レースの醍醐味であるf1ドライバーがコーナーから直線コースで前方のレースカーを一気に追い抜く、いわゆるオーバーテイクが不可能に近い状況なのです。そのためドライバーの技術が求められ、レースカーの接触の多さも目立っています。レースの順位は、決勝レースの前に実施される予選レースの結果がとても重要となり、予選でポールポジションを取ったドライバーが、そのまま逃げ切り優勝する確率が高いグランプリレースとなっています。その反面、コースの狭さからクラッシュが起こりやすいため、優勝候補が離脱してしまい思わぬ伏兵が優勝をさらうこともあります。

モナコf1グランプリ優勝者を事前に見極める見方

f1グランプリのモナコレースは、f1トップドライバーにとって是非とも優勝したい大会です。モンテカルロ市街地コースは、ドライバーの卓越したテクニックとメカニックを含めたスタッフとのチーム総合力が必要とされ、レース結果に色濃く反映されるからです。その視点で、優勝に必要な要件を満たしているドライバー及びチームを見ると、優勝予想することができます。その要件とは、まずレースカーのマシンスピードであり、予選ポールポジションと連動しています。次にドライビングテクニックですが、特に抜かれない技術が必要となり、またコーナーや競り合いなど隙の無い走行がポイントです。そしてタイヤ交換などピットインした際、一瞬に作業を終えるチームワークが勝敗の分岐点となります。そのような視点で各ドライバーやチームを分析すると自ずと優勝者が絞り込めます。

どんなF1観戦券も手配できますので、ご希望に合わせて観戦券を自由に選択出来ます。 オーストラリア、モナコ、カナダ、ベルギー、イタリア、シンガポール、メキシコ、アブダビ、イギリス、ドイツ、フランス…名だたる海外F1イベントの観戦ツアーを扱っております。 将来(数年先)はリピーター割引なども実施する予定です。 対応自由度の高さから、お客様の最大限に望むオーダーにも柔軟に対応致します。 モナコグランプリを観戦するならWSTへ